ホーム > 掃除のコツ > 水垢などで白く曇ったお風呂の鏡 ウロコ状の汚れを落とす方法

水垢などで白く曇ったお風呂の鏡 ウロコ状の汚れを落とす方法

『お風呂の鏡の白く曇ったような汚れが落ちない!』

白く曇ったような汚れの主な原因は水垢です!

お風呂で体や髪を洗った時に飛び散った泡や水、これらの汚れが鏡が曇る主な原因
これらの汚れのせいで、鏡が白く曇ったり、ウロコ状の白い痕が鏡に残ります。

この汚れは洗剤等で洗ったくらいでは落ちません!
この汚れに頭を悩ませている人も多く、汚れたまま使っている人も多いはず。
“汚れの原因は水垢! 擦り落とすしかない!”
洗っても落ちない白い汚れや、ウロコのような痕は擦るしかありません。

【ウロコ落としに必要な物】
・クリームクレンザー
・デニム記事の切れ端


※粉タイプのクレンザーを使うと鏡に傷がついてしまう可能性があるので注意!
軽い汚れならデニム生地で擦るだけで汚れがとれるかも。
ヒドイ汚れの時はキッチン用品で使うクリームクレンザーをつけて磨きます
この時、スポンジにつけて磨くとクレンザーがスポンジの目に入ってしまうので
デニム生地につけて磨くのが最適です。

【グッズ紹介】

汚れから錆まで落とす「ハイホーム」
「ハイホーム」は、昭和38年発売以来売れ続けているロングセラー商品です。
研磨剤は湯の花で出来ていて、水にとけ柔らかく素材を傷つける心配がありません。
鏡の水垢落としはもちろんのこと、キッチン用品や食器等の汚れ落としにも使えます。
これ1個で色々な場所で使えるのでとても重宝しますよ!オススメ

関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:掃除のコツ 鏡の汚れ落とし 鏡の曇り 鏡のウロコ落とし お風呂の鏡 ハイホーム
[ 2013/07/16 16:54 ] 掃除のコツ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する