二重あごの予防と噛み合わせのズレを治すストレッチ運動 専門家のやり方

日常使える豆知識・様々なやり方をまとめています

ホーム > 美容・ダイエット > 二重あごの予防と噛み合わせのズレを治すストレッチ運動

二重あごの予防と噛み合わせのズレを治すストレッチ運動

「世界一受けたい授業」で紹介されたストレッチ方法です

『噛み合わせのズレを治すと二重あごもスッキリ!』
日本歯科大学 小出馨先生

二重あごは、太っているからなるとは限りません。
噛み合わせが悪く食べ物をあまりよく噛まずに飲み込んでいると
下あごの筋肉が弱まってむくみ二重あごになってしまう、というケースもあります。

噛み合わせは“あご周りの筋肉・顎関節・歯” 1つでも良くないと悪くなります
歯並びが良い人でも筋肉のバランスが悪かったり、アゴの位置が合っていないと
噛み合わせが悪いということになり、改善しないと次第に酷くなる事も考えられます。

噛み合わせのズレを予防する為にストレッチ運動をしましょう!
【噛み合わせ改善!ベロ回し運動】
・唇を閉じた状態で、ベロの外側を大きく回す。
・2~3秒で1回回すくらいのペースで、右回りを20回。
・右回りが終わったら、同じペースで今度は左回りを20回。

※簡単そうに思えますが、かなりキツイです。
慣れるまでは無理しないで休み休み行なって下さい。

これを朝・昼・晩、1日3回行う。
このストレッチで顔の周りの58の筋肉のリハビリになります。

10~15回くらいで頭などが痛くなる人はベロやアゴ周りの筋肉が弱りきってる証拠
大体2週間続けると筋力が付いてくるので、そのまま3ヵ月くらい続ければ
ベロ回しを50回やっても平気なくらい筋力がつくそうです。
3ヵ月続けると下アゴのたるみが気になってた人がスッキリ綺麗なアゴに!


【二重アゴを予防!ベロ押し体操】
・ベロの先で上あごの歯茎を20秒間力いっぱい押すだけ!
・1日トータル3分を目標に行う。
これで喉の裏にある筋肉とベロの裏にある筋肉を鍛える事が出来ます。

この2つの運動で噛み合わせは改善、二重あごはスッキリしてくるそうです。
テレビを見ながら、通勤中などにストレッチ!日々の積み重ねが大事ですね。

関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:世界一受けたい授業 噛み合わせ 二重あご 二重あごを治す方法 噛み合わせストレッチ
[ 2013/08/01 12:30 ] 美容・ダイエット | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する