英語が苦手でも何とかなる!?ウィッキーさん魔法の8単語

「1分間の深イイ話」で紹介された情報

『英語が苦手でも8つの単語を使えば海外でも大丈夫!』
ウィッキーさん



日本人は英語を何年も勉強しているのに、簡単な英語の知識を知らない事が多い。
それは、机に向かって勉強しているから! 英語は喋ることが大事なんです。

日本は外国の言葉を入れたら、そのまま使うのではなく日本語化してしまう。
トマト⇒(正式な発音は)トメイト ビール⇒(正式な発音は)ビアー
なんでもカタカナに当てはめて、海外では通じない言葉を作ってしまっている。
コーヒーと言っても海外では通じない⇒正式にはカフィ
マクドナルドもダメ⇒マクダァーナルズと発音しないと海外では通じない
知っている英語が通じないので、ますます喋れなくなってしまう。
“簡単な英単語8つで意思は伝えられる!”

英語が通じず何も喋れない・・ しかし海外旅行に行ったらそうも言ってられない。
英会話は出来なくても、8つの単語を使えば自分の意思は伝えることが出来る。
その魔法のような8つの単語とは・・・

【ウィッキーさん魔法の8単語】
1.Please ⇒ レストランのメニューを見て正しい発音で読めなくても
メニューを指さして「Please」と言えば、その料理を下さいという意思は通じる。

2.NO ⇒ 魚が苦手な場合は、紙などに魚の絵を書き「No like」と言えば通じる

3.like

4.Yes ⇒ 「All right」等の返事があれば意思が通じたという事、その時に「Yes」

5.Bad ⇒ ホテルの水が出ない時は、蛇口を指差し「Bad,please」

6.Hello ⇒ 道を聞きたい時など、声を掛ける時に使う

7.Good ⇒ 地図を見てもらい、目的地と道を指差し「Good?」と聞く

8.Thank ⇒ お礼の言葉


“この8つの単語で完璧な英会話が出来るわけではない”
英語が苦手な人でも意思を伝えられる単語として厳選されたのがこの8つ。
通じない英語を使うよりも、自分の意思が確実に相手に伝わる事をポイントとしている。
簡単な単語でいいから、伝わる英語を発する事が重要ですね。

[英語関連の記事]
【英会話上達】 安河内先生の英語が話せるようになる3か条

関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:深イイ話 ウィッキーさん 魔法の8単語 英会話

0 Comments

Post a comment