【マダニに注意!】 噛まれるとSFTSウイルスが侵入し超危険! 専門家のやり方

日常使える豆知識・様々なやり方をまとめています

ホーム > 日常生活の困った事 > 【マダニに注意!】 噛まれるとSFTSウイルスが侵入し超危険!

【マダニに注意!】 噛まれるとSFTSウイルスが侵入し超危険!

「1分間の深イイ話」で紹介された情報

『秋はマダニの幼虫が最も増える季節!咬まれると一大事!』



新種ウイルスの感染症で全国を恐怖に陥れている“マダニ”
マダニは秋になると幼虫の数が最も増えるので、より一層の注意が必要となる!
マダニは公園や河川敷など私達の身近にある草むらに潜んでいる
田舎・都会に関係なく、誰でも咬まれる危険性があると理解していただきたい。

マダニは本来は野生動物に咬み付き血を吸って生きているのだが
人間が草むらを通れば、人間に乗り移り咬み付くことは珍しいことではない。
“マダニは頭を皮膚の中に突っ込むようにして咬みつく”
一般的なダニとは違い、肉眼で十分に見える大きさ。
咬まれても殆ど痛みはなく、気付かなければ約1週間血を吸い続ける。
血を吸われるだけなら大した害は無いのだが・・
マダニの唾液と共に「SFTSウイルス」が人間の体内に侵入する!

SFTSウイルスとは・・
潜伏期間は6~14日程度、発症すると頭痛・発熱・下痢などの症状があらわれる。
さらに、歯茎・胃・腸など全身の内臓のいたる所で出血が始まる。
出血が始まるとかなり危険な段階、最悪の場合は死に至ることもある。

もしマダニに咬まれていても無理矢理取ってはダメ!
無理矢理引き抜くとマダニの口がとれて体内に残ってしまう。
そのまま病院へ行き、病院で適切な処置をしてもらうことが重要!

【マダニから身を守る回避法】
・自然の中に出かける時は、長ズボン・軍手・帽子を着用し肌の露出をさける。
・家に帰宅後、玄関に入る前に洋服をはたきはらい落とす。
・帰宅後は、出来るだけ早くシャワーを浴びて全身を洗い流す。
・虫除けスプレーは効果あり、衣類や靴にかけておけば近寄ってこない。

関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:深イイ話 マダニ SFTSウイルス マダニ対策
[ 2013/10/23 18:17 ] 日常生活の困った事 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する