溜まった疲れをとる為に!『睡眠の質を上げる方法』 専門家のやり方

日常使える豆知識・様々なやり方をまとめています

ホーム > 日常生活の困った事 > 溜まった疲れをとる為に!『睡眠の質を上げる方法』

溜まった疲れをとる為に!『睡眠の質を上げる方法』

「世界一受けたい授業」で紹介されていた方法です。

『過労死するのは人間だけ!“隠れ疲労”が一番怖い』
大阪市立大学大学院 梶本修身先生



本当は疲労が溜まっているのに疲労を感じない状態⇒「隠れ疲労」と呼ばれている
運動などで細胞が傷つけられ疲労が起こると、体は脳に疲れたという信号を送る
ところが人間は、脳の前頭葉で楽しい・面白い等やりがい感じると疲労感を消してしまう

例え激務でも楽しいと思って仕事をしていると意外と疲れを感じない
また、褒められたりすれば嬉しいので疲労感を感じないということもある
ゲームやスポーツなど熱中している時も疲労感を感じにくいのだが
実はそういう時こそ一番疲労していることがある。これは、人間だけに起こる疲労!
ライオンは獲物を追いかけていても疲れたらすぐに追うのをやめる、疲労にとても忠実
ところが人間は、どんなに疲れていても目の前に餌があると無理して頑張ってしまう。
そして、そういう無理を重ね隠れ疲労がマックスになった時に突然死してしまう。

“疲労を蓄積させない方法は?”
疲れてきた時、体からサインを出してくれる事がある、それを見逃さない事が重要!
例えば“飽きる”というのも1つのサイン
興味のある勉強でも2時間もすれば飽きたと感じてしまうもの
この“飽きた”が脳が出している疲れたというファーストサインだという
効率良く勉強するなら、2時間続けて勉強して15分の休憩をとるよりも
40分勉強したら5分休憩、休憩後は別の科目にしたほうが効率はアップする。


【蓄積した疲労を回復する方法!】

疲労回復するには、「十分な睡眠」と「鶏の胸肉」を摂る事!
睡眠をしっかりとれば疲労が回復するというのは、みんなが実感している事だが
なかなか睡眠時間がしっかり取れないという人も多い
そういう時は、睡眠の質を上げると短時間でも疲労を取ることが可能になる。

“睡眠の質を上げるには、照明をオレンジ色に!”
睡眠前に寝室の照明をオレンジ色にすると睡眠の質を上げる事が出来る。
オレンジ色=夕焼けの色
人間も含め動物の殆どは夕焼けを見た時に夜が来たと感じ、眠くなる習性を持っている。
オレンジ色の照明を見た時⇒自然に眠くなる副交換神経優位になる
蛍光灯の光は交感神経優位で緊張した状態になる為、睡眠時には向いていない。

オレンジ色の照明を寝る前につけているだけで、スムーズに深い睡眠に移行できる
照明は、スタンドライトの傘の部分に耐熱性のセロハンを貼ってオレンジ色にしても良い
さらにタイマーをセットして15~30分で消えるように設定すると深い睡眠をとれる

“鶏の胸肉には高い抗疲労効果がある!”
鶏の胸肉には、高い抗疲労効果を持つ成分イミダゾールジペプチドが多く含まれている。
疲労回復するには、200mgの摂取が必要となるがこれは胸肉直すと約100gに相当
この量を最低でも1週間、出来れば2週間続けると疲労回復効果が実感出来る。

[Amazonで買えるオレンジ照明]

関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:世界一受けたい授業 隠れ疲労 疲労回復 睡眠 オレンジ色の照明
[ 2013/11/19 18:14 ] 日常生活の困った事 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する