耳鳴り対策・対処法 耳鳴りを起こす意外な原因とは!?

「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP3」の情報です。

『耳鳴りは誰でも起こっている! 酷くなる要因とは!?』
東京厚生年金病院 耳鼻咽喉科 主任部長 石井正則先生



耳鳴りで悩んでいる人・悩んだことがある人は、約1400万人と言われており
結構多くの人が悩んでいる病気なのが分かる(国立長寿医療センター調べ)

たかが耳鳴りと放っておくと、うつ病を引き起こす原因になる場合も
とても煩わしい病気だが・・
実は、耳鳴りは誰にでも起きている症状なのだと言う
“誰でも起きる!?そのメカニズムは”

耳の中には、“有毛細胞”と呼ばれる細い毛のような細胞がある
空気の振動が耳に入り、有毛細胞に到達すると、有毛細胞は揺れ動き
空気の振動を電気信号に変えることで脳に音として認識させている。

これが音が聞こえる仕組みで、有毛細胞は加齢とともに抜け落ちたり壊れたりする。
一度壊れてしまった有毛細胞は元には戻らない。
機能が失われた部分を補おうと脳が音を作り出す コレが耳鳴りの正体
有毛細胞は20歳を境に減っていくので、成人であれば誰でも耳鳴りは起きている。
だが、普段は生活音にかき消されその音を感知していない。


“耳鳴りが大きくなる原因とは!?"

耳鳴りは、耳の聴力を調べても何の問題もない事が多いらしい。
石井先生が行うアンケート検査で問題点が発覚する人が多く
耳鳴りの原因は 【ストレス】の可能性が非常に高い!

中枢自律神経繊維網⇒不快な情報が入った場合に興奮、通称“不快ネットワーク”
不快ネットワークが興奮すると必ず自律神経の中の交感神経が興奮する
その時、脳は強いストレスを感じ過敏な状態になってしまう、その結果、
生活音に紛れていた耳鳴りが表面化する。
つまり、ストレスを無くせば耳鳴りは消えるという事!

【耳鳴りの解決策】
・利害関係のない友人との食事会
日頃の鬱憤を誰かに話す事が重要、身近な人には言えない事も多いので
利害関係のない友人を作り、楽しく食事をしながらでも話をすると良い。

・何がストレスになっているのかを知る
ストレスの背景にあるものが何かを患者自身が知る事。
その問題が解決しなくても、それを知るだけで耳鳴りの程度は下がってくる。

・仕切りを作って解決した例も
石井先生が診察した患者のストレス背景を調査していったところ
隣に座っている上司とそりが合わないという事が分かった。
そこで、上司の顔が見えないようにボードを置くように指導したところ
それだけで耳鳴りが感知したという。

耳鳴りの治療は、投薬が必要な場合もあるが
カウンセリングのみで治る場合も多いとのこと
また、スポーツで汗を書いたり、芸術活動に没頭する事も耳鳴り対策に良いそうです。

耳鳴りでお悩みの方、ストレスになってる事ありませんか?
関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:スゴ腕の専門外来 石井正則 耳鳴り 耳なり 耳鳴り対策

0 Comments

Post a comment