【月曜から夜更かし】税金について調査した件 節税対策

「月曜から夜更かし」の情報

『日本の税金の仕組みと税率の高い物は?』

“税金”⇒ 国民が義務として収めなければいけないお金
増税に揺れる日本、2014年4月から消費税8%になる事が決定しており
これは国民1人あたり年間5万円の負担増と言われている。

消費税増税だけが話題になっているが、日本には50種類以上の税がある。
日本にある様々の税金問題を番組が調査した
“お金持ち稼いでも半分税金で持っていかれる問題”

プロ野球選手や一流芸能人がよく言うこの言葉は事実!
日本の所得税・住民税は、そういう構造になっている。

年収500万円の一般的なサラリーマンの場合は
所得税・住民税は、年間15万程度支払わなければならない。

しかし、沢山稼いでいる人には容赦がない
年収10億円の一流芸能人になると
所得税・住民税は、約4億7000万円 支払わなければならない。

確かに沢山稼いでいる人は、約半分は税金で持っていかれる事になる。
その為、節税対策を行う人が多いのが現状
代表的な節税対策は、自分の名義で会社を作る事
会社の収入としてギャラをもらう⇒所得税より約5%低い法人税が適用される
さらに親族を社員にすることで、最大3億円の節税が可能(年収10億の場合)


“お金持ち死んだら容赦なく持っていかれる問題”

遺産にかかる相続税は、とても厳しく「3代続くと言えが潰れる」と言われるほど。
莫大な遺産を相続した場合、支払う税金も莫大なものとなります。

この相続税にも節税対策がある。
財産5億円の人が死亡した場合、その相続税は約1億9000万円となる。
これを回避する方法が“生前贈与”
生きている間に財産を渡してまう事で遺産総額を減らし相続税を節税する方法

しかし、一度の5億円渡しては意味がない。
一度に渡すと贈与税がかかり、約2億4700万円支払う事に
これを回避する方法が、“分割贈与”

財産5億円、相続人2人の場合
700万円を50年間 分割贈与=3億5000万円を生前贈与すると
約1億円の節税になる。


“税金知らぬ間にちょっとずつ取られている問題”

知らない間に支払っている税金が 間接税
酒税関税など、ほぼ全ての商品の代金には間接税が含まれている。

しかし、中にはちょっとどころではない商品も・・

【税率の高い商品ベスト3】
1位 たばこ⇒たばこは、税率64.5%とダントツ!
1箱440円の場合、約284円が税金で、その税収は年間約2兆円だという。
2兆円という額は、全国のゴミ処理費用(年間)とほぼ同額

2位 ビール⇒酒税(ビール税)約40%+消費税5%⇒代金の約45%が税金
2本飲んだら約1本分が税金となる計算。

3位 ガソリン⇒価格変動があるガソリンだが、かかる税は一律で1Lあたり約60円
1L約160円の場合だと37.5%が税金となる。

番外 輸入チーズ⇒関税約30%+消費税5%⇒代金の約35%が税金

関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:月曜から夜更かし 日本の税金 節税対策

0 Comments

Post a comment