マンガン電池とアルカリ電池の賢い使い方

『マンガン電池とアルカリ電池を使い分け!』



CM等で長持ちすると知られるようになったアルカリ電池は
マンガン電池に比べ値段は高いですがハイパワーで長寿命です。

電池が切れたらアルカリ電池と交換、それで問題はありませんが
電池をより長持ちさせる方法があります。

それは・・
“最初は、パワーが必要な物から!”

パワーが必要な電化製品とは、デジタルカメラ、ヘッドホンステレオなど

アルカリ電池は、最初はパワーが必要なものに使い、
弱まってきたらリモコンや時計などのパワーが必要ないものへ使う。

このように段階的に使っていくのが電池の寿命を延ばすコツ!

アルカリ電池に比べ値段が安いマンガン電池は、
休ませながら使うと長持ちするという性質を持っています。

この性質に一番合っている電化製品は⇒懐中電灯

普段あまり使わない物には、アルカリ電池よりマンガン電池が合っています。

【電池交換の注意点】
2本以上の電池を必要とする場合は、全ての電池を交換しましょう。
2本必要だけど手元に1本しか無いから1本だけ交換というのは危険ですし
その1本の新しい電池の寿命を縮めることにもなります。
1本がアルカリ、1本がマンガンという使い方もダメです。

関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:乾電池 アルカリ電池 マンガン電池 電池の使い方

0 Comments

Post a comment