ホーム > 防災・防犯・緊急時の情報 > 『マグボックス』 水を注ぐと発電する電池12月中旬発売予定

『マグボックス』 水を注ぐと発電する電池12月中旬発売予定

“水を注ぐだけで使える非常陽電池”を発売すると古河電池が発表しました。
その商品の名前は『マグボックス』

東日本大震災を被災したことから開発が薦められた商品で
処分しやすいように紙で出来ており、水or海水を注ぐと発電するという仕組み

充電されたバッテリーは、放電してしまうので長期保管は出来ませんが
マグボックスなら長期間保管しておいても安心!
非常用の電池として世界中で活躍することが期待されます。
この商品の発売を発表した古河電池は株価が急上昇!
2014年8月29日から三日間連続でストップ高となったと報道されました。

それほど世界中が注目したということでしょうね。

マグボックスの発売は2014年12月中旬の予定です。
注水前の重量は1.6kg、発電時間が最大5日間で最大電気量は300wh
スマホの充電ならば、マグボックス1個で30回の充電が可能とのこと。

発売前で1万円程度ということですから
商品が大量生産されれば価格はもっと下がってくるのではないでしょうか
発売されたら、もしもの時の為に買っておきたい商品です。

関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:マグボックス 古河電池 非常用電池 防災グッズ
[ 2014/09/02 15:36 ] 防災・防犯・緊急時の情報 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する