【便秘解消】名医のオススメはオリーブオイル! 専門家のやり方

日常使える豆知識・様々なやり方をまとめています

ホーム > 健康診断・体の悩み > 【便秘解消】名医のオススメはオリーブオイル!

【便秘解消】名医のオススメはオリーブオイル!

「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP」の情報

『エクストラ・ヴァージン・オリーブオイルで便秘は解消される!』
松生クリニック 松生恒夫先生

松生先生は、これまでに腸に関する著書を多数出版する腸のスペシャリスト
便秘治療の第一人者でもあり、海外から先生を訪ねて治療に来る人もいるほど

たかが便秘と侮ってはいけない!
便秘は、放っておけば大腸がんの原因にもなる恐ろしい病気
特に便秘になりがちな女性の場合、便秘が大腸がんの主な原因となっている。
・なぜ、便秘になってしまうのか?
便秘の人に共通してある症状が“便意を催さない”ということ。

小腸で栄養分を吸収された食べ物は、老廃物として大腸に送られます
そして、大腸を通る間に水分を吸収され固形化し便となります。
便が直腸に達すると直腸壁が押され、脳へ刺激を伝達⇒これが便意です。

ところが、便意を我慢し過ぎたり、不規則な生活で排便の習慣が乱れると
直腸の神経が徐々に鈍化していきます
その結果、便が溜まっても脳へ刺激が伝達されず、便意喪失となります。

この便秘を“直腸型便秘”といいます。


・冷え性も便秘の原因になる!
冷え症の人は、それが原因で停滞腸になり便秘になってしまう

停滞腸⇒腸の運動が弱くなり、不要な老廃物が長期間たまる症状
この症状の人は、腸の動きが鈍く、大腸に便が溜まってしまう事が多い
それは、お腹の表面温度を測るだけで分かる、お腹が冷えてる人は注意


・下剤を常用するのは危険!
便意を催さないので下剤を使わないと排便出来ないという人が多い
下剤依存患者⇒排便を全て下剤に頼るケースが多く服用する量も非常に多い

下剤を多用すると、腸が真っ黒になる“大腸メラノーシス”を引き起こすこともある
こうなると、腸管運動を妨げ排便困難を増長、再び下剤に頼る悪循環を起こす
なるべく下剤は使わず、自然に排便出来るようにしなければいけない


『名医 松生先生がオススメする食材』

先生が抜群の効果があると提唱する食材が
“エクストラ・バージン・オリーブオイル”

オリーブオイルを普段の食事に取り入れるだけで便秘が解消されるという
オリーブオイルには、脂肪酸の1つオレイン酸が多く含まれています。
このオレイン酸が便秘解消のカギとなる物質
リノール酸などの他の脂肪酸は、小腸でほとんど吸収されてしまいますが
オレイン酸だけは、小腸で吸収されにくく、そのまま大腸まで到達します。

オレイン酸には、大腸や直腸を刺激する効果がある!
直腸が刺激を受け脳へ伝達、失われていた便意が復活します。

オレイン酸が大腸壁や便をコーティングする為、便の滑りが良くなり排便を助け
大腸壁に油膜をはることで保温効果があり大腸内の冷えも改善されます。

直腸型便秘・停滞腸が原因となっている慢性的な便秘
頑固な便秘も1週間の摂取で、便秘が解消されるそうです。お試しあれ!


1日に摂取するオリーブオイルの量は、大さじ2杯分が理想です。
摂り過ぎると肥満の原因になりますので注意して下さい

【オリーブオイルを使った料理のレシピ】
・もずく酢キュウリ・トマト添え
もずく酢 1カップ、キュウリ 適量、トマト 適量、オリーブオイル 大さじ1
オリーブオイルとかける事でまろやかな味に変身

・冷奴にオリーブオイル
豆腐 1/2丁、お好みの薬味 たっぷり、塩 少々、オリーブオイル 大さじ1
意外な食べ方に思えますが、豆腐との相性は抜群!

・酢味噌にオリーブオイル
白みそ 大さじ2、米酢 大さじ1、練りがらし 適量、オリーブオイル 大さじ1
野菜スティックのディップとして食べると飽きない

・味噌汁にオリーブオイル
いつもの味噌汁に、適量のオリーブオイルを入れるだけ


【松生先生オススメ腸の超いい最強レシピ】
・玉ねぎ納豆キムチ
キムチ⇒植物性乳酸菌→大腸の機能向上
納豆⇒ポリアミン→大腸の機能向上
玉ねぎ⇒オリゴ糖→善玉菌を増やす
オリーブオイル⇒オレイン酸→腸内の保温、便の滑りを良くする

玉ねぎ納豆キムチを食べ、1日に大さじ2杯くらいのオリーブオイルを摂る
これが松生先生がオススメする最強の便秘解消メニューです。

[松生恒夫 著書]
便秘、冷えに オリーブオイルの腸効果! !

関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:スゴ腕の専門外来SP 松生恒夫 便秘解消 便秘改善
[ 2014/10/10 16:57 ] 健康診断・体の悩み | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する