LINEで未読無視をされないようにする方法

「ホンマでっか!?TV」の情報

『LINEで未読無視されたくなかったら・・・』
LINE評論家 松浦典子



スマホアプリとしてすっかり定着している「LINE」ですが
このLINEの機能のせいで一喜一憂している人も多いようです。

松浦さんは、LINEの効果的な活用法を指導しているコンサルタント。
松浦さんが考案したLINEで未読無視されない方法とは!?
「○○ちゃんの噂聞いたんだけど」の後に絵文字を25文字打ち込めばいい!?

これは一体どういう事なのか? 松浦さんの説明によると・・

LINEというアプリは、相手の人が文章を読むと「既読」と表示される仕組みだが
トーク画面を開かなくてもある程度のメッセージは見ることが出来る。

LINEでメッセージが届くとホーム画面にメッセージが来た事が通知されます。
この時に相手の名前と冒頭のメッセージが表示されるので
このメッセージだけを見て、LINEのトーク画面を開かない人も多いらしい。

トーク画面を開く=“既読”

冒頭の文章で大体内容が分かってしまうと、わざわざトーク画面を開きません。
トーク画面を開かなければ“既読”は付かないので
メッセージを送った相手としては、ちゃんと読んでくれてるのかな?と心配になります。

この心配をなくす為、相手にトーク画面を開かせる方法が
「○○ちゃんの噂聞いたんだけど」の後に絵文字を25文字打ち込む なのです。

共通の友人の名前を出す事で興味を持たせて
噂を聞いたんだけどという、ゴシップ的な文章でさらに気を引き
残りの25文字程度は絵文字にする。

実は、冒頭で表示されるメッセージの文字数は、およそ42文字ときまっていて
それ以上のメッセージは「・・・」と表示され続きはトーク画面でしか読めません。

つまり、相手の気を引くような文章を冒頭に書いて
42文字目あたりまでを絵文字で埋めて、・・・が出るように仕込んでおいて
その後に一番伝えたい文章を書きます。

受け取った相手は、・・・の続きが気になってトーク画面開いてしまうはず
この方法ならば、未読スルーという事にはならないと考えられます。

ただし!絵文字25文字は古い機種でしか使えない裏技
画面の大きい最新機種では文章の表示文字数が多くなっています。
送る相手が最新機種の場合は、絵文字が40文字以上必要な場合も・・


読んで欲しいから、ゴシップ的な冒頭にするというのはどうかと思いますが
冒頭の文書は、ある程度工夫したほうが良いかもしれませんね。
未読のままスルーされたくない人は、この裏技試してみて下さい。

関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:ホンマでっか!?TV LINEの使い方 LINE未読無視 LINE未読スルー

0 Comments

Post a comment