地震・津波で銀行預金などのデータが消えてしまったら 専門家のやり方

日常使える豆知識・様々なやり方をまとめています

ホーム > 防災・防犯・緊急時の情報 > 地震・津波で銀行預金などのデータが消えてしまったら

地震・津波で銀行預金などのデータが消えてしまったら



地震や津波で銀行のデータが消えてしまったら、と考える人もいると思いますが
それは心配ご無用!
銀行にはバックアップデータがあるので、預金が消えてしまう心配はありません

ただし、そのお金を降ろせるかどうかは別問題
あなた自身の身分が証明出来ないとお金を下ろす事は出来ません。

災害時に備えて、以下の対策をしておきましょう
『身分証明書のコピーをカバン等に入れておく』



運転免許証・健康保険証など身分を証明出来る物を持ち歩くのがベストですが
災害時に備えて、それらのコピーを避難袋などに入れておくと良いでしょう。

携帯・スマホで身分証明書の写真を撮り保存しておく
番号等が鮮明に写ってないとダメですが、緊急時なら役に立つと思います。
関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:防災・防犯 地震 身分証明
[ 2013/03/07 12:14 ] 防災・防犯・緊急時の情報 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する