ダウンジャケットを汚れにくくする方法

「スッキリ!!」の情報

『ダウンジャケットを汚れにくくするプロの裏ワザ』

冬の必需品とも言えるダウンジャケット。
暖かく重宝するものですが、シャツのように頻繁に洗濯するわけにもいきません。

それならば・・ ダウンジャケットを汚れにくくすればいい!
ダウンジャケットに撥水スプレーをかければ汚れ防止・シミ防止になります!
これは、広く知られている事で、多くの人が実践していると思います。

しかし、ただかけるだけでは不十分なのです。
プロの裏ワザを使えば、汚れ防止がより効果アップ出来ます。
その方法とは・・
“スプレーした後、ドライヤーを使って乾かす!”

汚れ防止の効果をアップさせるプロのテクニックは
撥水スプレーをかけた後、ドライヤーを使って乾かすことです。

ダウンジャケットに普通に撥水スプレーをかけた後
ダウンジャケットに“熱を加えて乾かす事でより撥水の効果が出ます。”

なぜ、熱を加えると撥水効果がアップするのでしょう?

撥水スプレーには、樹脂が含まれていて衣類をコーティングする機能があります。
しかしながら、ただ吹き付けただけではその樹脂にムラが出来てしまいます。

そこで、熱を加えて樹脂を均一に広げるとムラが無くなります。
ムラが無くなれば水分の入れる余地が無くなり撥水効果が上がるというわけです。

クリーニング店の撥水加工も同じような方法をとっています。
お店では、撥水剤を染み込ませ乾燥器にかけ、さらにアイロンがけもしているそうです。

家庭でやるにはドライヤーで熱を加えるのがベスト。
ダウンジャケットを愛用している人は、ぜひこの裏ワザお試し下さい。

[Amazonで高評価の撥水スプレー]
3M スコッチガード はっ水・防汚スプレー 衣類・布製品用 345ml


関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:洗濯のコツ スッキリ!! ダウンジャケット ダウンジャケットの汚れ防止

0 Comments

Post a comment