犬の吠えグセ、噛みグセを簡単に直す方法

「バイキング」の情報

『ペットの悩み解決!犬の噛みグセ・吠えグセを直したい』


バイキングで紹介されていたペットの吠えグセ・噛みグセを直すの方法です。
必要以上に吠えたり、あちこち噛んだりする犬にお悩みの人多いと思います。

この行動をその子の性格だと思って納得してしまってはダメ!
きちんと躾ければ、飼い主の言うことをちゃんと効くお利口さんになります。

まずは、吠えグセのあるワンちゃんに有効な方法から
吠えてるのを注意しても吠えるのを止めない子や
ごはんをあげる時に静かに待てない子に有効な方法です。
基本的には、ごはんをあげる前の行動が重要となります。
ごはんをあげる時に、おすわりをさせ静かに待てないなら、ごはんをあげない。

こうすることで、ご主人の言うことを聞かないとごはんを貰えないと犬が判断します。
1つの服従行動をとらないとごはんがもらえないと教え込むことが重要です。

ごはんが欲しくて、ちょうだいちょうだいと吠えまくる子には次の方法が有効です。

【一口給餌法】
用意するものは、1食分の犬のごはんと、スプーン、空の容器です。
1.犬の前に空の器だけを置きます。
2.「おすわり」等の声をかけ、静止したら「OK」と声をかけます。
3.「OK」の後、スプーンで犬のごはんを掬い、1口分だけ空の容器に入れます。
4.犬は食べ終わったら、もっとちょうだいと要求してきますが、それは無視。
5.犬が座りかけたら「おすわり!」等の声を掛けてあげましょう。
6.その声を守り、おすわりしたら「OK」と褒め、ごはんを1口あげましょう。

基本的な方法は上記の通りです。
犬がごはんを欲しがって吠えまくっても、それに応えてはいけません。
吠えたり、脚元に擦り寄ってきたりしても、それは無視しましょう。

お皿の前で自らおすわりして、ごはんを待つ姿勢をとったら「OK」と犬を褒める
褒めてからごはんを上げる、これを繰り返せば吠えグセは直ります。

番組で躾けられていた犬は、1週間程度でおとなしい良い子になりました。


『犬の噛み癖を直す方法』


部屋の家具などあちこち噛んでしまう犬、これに困ってる人も多いと思います。
この行動は、犬のイタズラなどではなく破壊行動。

なぜ破壊行動を起こすのかというと、その原因は犬のストレスです。

あちこちを噛む犬は、ストレスがあるよと飼い主にメッセージを出している状態
そのストレスを解消してあげないと噛みグセは直りません。

犬を1頭だけ飼っている場合
一人ぼっち、さびしい、お留守番、辛いという分離不安がストレスになります。

犬を数頭飼っている場合
犬が数頭いれば分離不安はなくなりストレスにならないはずですが
飼っている数頭に噛みグセがあるようならば、犬のジェラシーが原因

これを解決するには、飼っている犬の順位を決めてあげる事が有効です。
最初に飼った犬が一番偉いんだよと他の犬達に分からせる事が重要
飼い始めた時期が古い順にごはんをあげるなどの行動をしていけば
その家での上下関係が決まっていくので、犬のジェラシーも減っていきます。

この上下関係が築けるまでの間は『香水スプレー』を使います。

【香水スプレーの作り方】
・霧吹きに水150ccを入れ、そこに好きな香水を10回吹きかけます。
(簡単にいえば、香水をめちゃくちゃ薄めたものですね)

この香水スプレーを、よくかじる場所や、かじられたくない場所に吹きかけます。
犬は香水のニオイが好きじゃないので、そこには近寄らなくなります。
人には良いニオイなので、部屋が良いニオイになり一石二鳥です。

香水スプレーは効果適面ですので、いますぐ試せる方法です。
ワンちゃんの噛みグセにお悩みの方は是非お試し下さい。


ただし、犬には噛みたい欲求があるので、それを抑えるのはよくありません。
専用の噛めるものはちゃんと用意してあげて下さい。

ペットステージ ウッディー・タフ・スティック/ミディアム

[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:ペットのしつけ 犬の吠えグセ 犬の噛みグセ 犬のしつけ

0 Comments

Post a comment