黒く変色したバナナで本格レアチーズケーキを作る方法 専門家のやり方

日常使える豆知識・様々なやり方をまとめています

ホーム > 簡単レシピ・ちょい足し > 黒く変色したバナナで本格レアチーズケーキを作る方法

黒く変色したバナナで本格レアチーズケーキを作る方法

「あのニュースで得する人損する人」の情報

『黒く変色したバナナでレアチーズケーキを作る!?』



これまでも色々な物を代用して料理を作ってきた番組ですが
今まで紹介したデザートの中でも上位に入る出来と坂上忍さんが絶賛したレシピです。

このレシピの最大のポイントは黒く変色してきているバナナを使うということ
バナナは日数が経てばどうしてば皮が変色してくるもの
変色してきたバナナが苦手、食べるのを敬遠してしまうという人もいると思います。

しかし、この黒く変色しはじめたバナナがあれば
砂糖もゼラチンも使わずに、本格的なレアチーズケーキを作ることが出来ます。
そのレシピはコチラ
【変色バナナでレアチーズケーキのレシピ&作り方】
1.黒く変色してきているバナナ1本の皮を剥きます。
2.耐熱ボウルにバナナを入れ、500wの電子レンジで2分30秒加熱します。
3.加熱したバナナ(1本)、牛乳(100ml)、クリームチーズ(100g)、レモン汁(大さじ1)をミキサーに30秒かけます。
4.適当な容器に移し替えて冷蔵庫で2時間冷やします。

2時間後、冷蔵庫から取り出せば完成!
お店のような本格的なレアチーズケーキが出来上がります。

“なぜ、黒く変色したバナナで本格的チーズケーキが出来るのでしょうか?”
その理由は・・・ バナナに含まれている“ペクチン”

ペクチンは、カルシウムと結合するとゼリー状に固まる性質を持っています。
実は、バナナのペクチンの量はバナナの熟度によって増えていきます。
未熟なバナナよりも、熟したバナナのほうが含まれているペクチンが多いのです。

ゼラチンを使わずに固めるには大量なペクチンが必要になるので
最もペクチンを含んでいる黒い斑点が全体に広がる変色し始めのバナナが良いのです。

さらに、そのバナナを電子レンジで加熱したことでバナナが柔らかくなり
より多くのペクチンが溶けだしているので、しっとり滑らかに固まるというわけです。

今度バナナを購入する時は、このレシピの材料も買っておいて
最後はレアチーズケーキにして食べるという方法も良いと思います。お試し下さい。


関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:簡単レシピ レアチーズケーキ 得する人損する人
[ 2016/06/22 17:46 ] 簡単レシピ・ちょい足し | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する