腹式呼吸・簡単なカラオケ上達法

フジテレビ「ホンマでっか!?TV」で紹介されたやり方です。

『声の印象を良くする 唇ぶるぶるトレーニング』



「のど」で発声してる日本語を「腹式呼吸」で話せるようにする方法です。

特に道具を使う事もなく、腹式呼吸が出来るようになる簡易的な方法ですが
自然と出来る人は300人いたら約30人くらい、約10%くらいらしいです。

あなたは出来ますか?
“唇をアヒルみたいに尖らせてプルルルと振るわせる”

これが出来る事が第一条件です。
自然と出来る人は約10%と少なめですが、何度かやるうちに出来る可能性も

この「プルルル」と鳴らせる状態で普段通りに発声します。
挨拶の言葉だったり、お礼の言葉だったり、色々ありますね。
この状態での発声は、お腹を使った発声となり、自然と腹式呼吸が身につきます。

“カラオケ上達法にもなる”
唇ぶるぶるの状態で、歌を一曲歌い切ります。(結構キツイ)
そして、もう一度同じ歌を普通に歌うと・・・
腹式呼吸を使った良い発声になるので、歌がすごく上手くなります。


【グッズ紹介】


唇ぶるぶるが出来なくてもコレで大丈夫!
関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:腹式呼吸 カラオケ上達法 発声練習 ボイストレーニング

0 Comments

Post a comment