「お会計」と「おあいそ」の違いは?

「この差って何ですか?」からの情報

『「お会計」と「おあいそ」の差は何?』



お寿司屋さん等のお店で使う言葉「お会計」と「おあいそ」
どちらも同じ意味として使われていますが、実は違いがあります。

なぜ、このような違いが生まれたのでしょうか?
ちょっとした豆知識になる情報です。
“「おあいそ」は店の人が使う言葉”

「お会計」と「おあいそ」の意味は“お金を支払う事”で両方とも同じですが
元々、その使い方は全く違うものだったそうです。

「お会計」というのは、お客様が店員に向かって使う言葉です。

「おあいそ」というのは、店員が店員に向かって使う言葉なのです。

つまり、「おあいそ」というのをお客さんが使うのは間違いという事です。

「おあいそ」の語源は、愛想を振りまくの「愛想」から来ています。
元々は、江戸時代の芸者さんがいる料亭で使われていた言葉なのです。

支払いを済ませたお客さんに、最後に挨拶をして愛想を振って下さいという意味で
女将さんに向かって「おあいそお願いします」と使っていたのが始まりなんだそうです。

女将さんが「おあいそ」する時に一緒にお会計もするので
いつしか「おあいそ」=「お会計」という風になっていったと考えられます。

このような間違いはもう1つあって
お寿司屋さんで使われている「あがり」も店員が店員に向かっていう言葉なのです。
これも元々は、芸者さん達が使っていた言葉で
お茶を持ってお座敷に上がる事から、お茶の事を「おあがりさん」と呼んでいたそうです。

「おあいそ」も「あがり」も店員さんが使う言葉。
本来、お客さんが使うのは間違いですのでお気をつけ下さい。
関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:この差って何ですか? お店のマナー

0 Comments

Post a comment