ご飯を食べた後、眠くなる原因はコレ! 専門家のやり方

日常使える豆知識・様々なやり方をまとめています

ホーム > 日常生活の困った事 > ご飯を食べた後、眠くなる原因はコレ!

ご飯を食べた後、眠くなる原因はコレ!

「この差って何ですか?」からの情報

『昼食後 眠くなる時とならない時の差』
医学博士 今野裕之先生


昼食を食べた後、眠くなる時ありますよね?
でも、毎日眠くなるわけでもない、この差は何なのでしょう?
専門家の先生が教えてくれました。

先生がおっしゃるには、こうなる大きな理由は2つあるとのこと
その理由とは・・
1.脳に血液がいくか いかないか

食べ物を食べると、その食べ物を消化する為に、胃や腸に血液が集中します。
そうすると、その分、脳にいく血液が減ってしまいます。
血液が減ると脳の働きが鈍くなってしまい、眠くなるというわけです。

これは、人間の体の仕組みであり、どうしようもない事ですね。


2.炭水化物をとったか とらないか

人間の血液の中には一定量の糖が含まれています。通常時、この量は一定です。
食事を摂ると、食事に含まれている糖が血液の中に入りこみます。
これにより血液中の糖の量が増加します。
そうすると、インスリンというホルモンがすい臓から分泌されて
血液中の糖の量を元に戻そうとします。 これが人間の体のメカニズムです。

しかし、炭水化物は分解されると糖に変化するもので、殆どが糖分です。
その為、炭水化物を摂ると血液中の糖が急激に増加します。
そうすると、その糖を取り除く為にインスリンの量も増加します。
ところが、この時インスリンが糖を取り除き過ぎてしまいます。
これが原因で糖が不足、脳のほうに糖が行かなくなり、結果、眠くなるのです。

この事から、炭水化物を摂らなければ、眠くならないと言えます。

しかし、炭水化物の含まれていない食事を摂るのは難しいですね。
炭水化物を摂る時に一工夫すれば大丈夫!

その方法とは、先に野菜を食べる事です!

野菜を先に食べると、血糖値の上昇を抑える事が出来ます。
先に炭水化物を食べた場合と、野菜を食べた場合では大きな違いがあります。
食事の時は、まず野菜から、これで食後に眠くならなくなります。
関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:この差って何ですか? 食後眠くならない方法
[ 2017/09/22 19:13 ] 日常生活の困った事 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する