「石川式 食べ順爆発ダイエット」の基本的な食べ方 専門家のやり方

日常使える豆知識・様々なやり方をまとめています

ホーム > 美容・ダイエット > 「石川式 食べ順爆発ダイエット」の基本的な食べ方

「石川式 食べ順爆発ダイエット」の基本的な食べ方

「1分間の深イイ話」でも紹介されたダイエット法の紹介

『石川式 食べ順爆発ダイエット』

今年2月の発売以来、わずか1か月で15万部を売り上げたダイエット法
この方法を考案したフィジカルトレーナー石川英明さんは、
数多くの芸能人・有名アスリートの肉体を改造してきた体のエキスパート
ビビる大木さんもこのダイエットを実践し、2か月で約14kgの減量に成功!

このダイエット法の最大の特長は
食べる順番さえ守れば、3食きちんと食べてもOK!ということ

その食べ方の基本は・・・
【石川式 食べ順爆発ダイエットの食べ方】
焼肉定食をどう食べるかで、食べ順の基本を紹介
焼肉定食のカロリーは約900kcalあるが、食べ順を守れば全部食べてもOK!

最初に食べる物 「サラダ」
糖の吸収を抑えてくれる“食物繊維”から食べる

2番目に食べる物 「みそ汁」
酵素を多く含む“発酵もの”は、消化に役立つ

3番目に食べる物 「焼き肉」
筋肉の元となる“タンパク質”もしっかり摂取する

最後に食べる物 「ご飯」
エネルギーとなる“炭水化物”は必ず最後に食べる

実は、この食べ方 “血糖値の急上昇” を抑える食べ方なのです
一番血糖値が上がりにくい“食物繊維”から順番に食べていき
血糖値が最も上がりやすい“炭水化物”は最後に食べる
そうすることで、栄養素が胃の中でミルフィーユ状に蓄積される
これを順番に消化していくので血糖値の急上昇を抑え、脂肪が蓄積されにくい体に

【停滞期をぶち破る秘策】
どんなダイエットでもブチ当たる壁が“体重が落ちにくなる停滞期”
順調に落ちていた体重が2週間経った位から全然落ちなくなる時期
この期間にダイエットを挫折してしまう人も多いはず

“なぜ停滞期になってしまうのか?”
人間の体には代謝を促進してくれる「レプチン」というホルモンがある
レプチンは、脂肪を燃焼させる薪のような役割を持つ物質なのだが
ダイエットが進み、カロリー摂取が減少するとレプチンの分泌量も減少してしまう
脂肪を燃やす薪がない状態になり、代謝も停滞してしまう、これが停滞期の原因!

”ドカ食いで停滞期を脱出!”
石川式 食べ順爆発ダイエットの秘策は、炭水化物をドカ食いする日を作る事!
停滞期の原因である「レプチン」の不足を解消する為に
あえて炭水化物をドカ食いをして体にショックを与える! 名付けて「爆発の日」
これによりレピチンの分泌を良くして、体を再び代謝モードに戻す

「爆発の日」は1日限定で食べ順も守らず好きなだけ食べてもOK!
この日、体重は増えてしまうが、その翌日から体重が落ちやすくなる
※ただし、レプチンの量が常に多い人には効果がない
1日だけでも自由に食べれる日があればダイエットの励みになるはず!
「石川式 食べ順爆発ダイエット」は、まさに常識破りのダイエット法なのです。



関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:石川式食べ順爆発ダイエット 石川英明 ダイエット 食べ順ダイエット 深イイ話
[ 2013/05/10 12:06 ] 美容・ダイエット | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する