お風呂の鏡の曇りをとる方法

フジテレビ「その手があったか!」で紹介されたやり方

“お風呂場の鏡がすぐ曇ってしまう!”



お風呂場でイラッとするのが“鏡がすぐ曇ってしまうこと”
いざ使おうと覗くと曇っている、曇りを取ってもシャワーの後見るとまた曇ってる!

誰もが経験したことあると思われるこのイライラを解消する方法です。

『鏡の曇りはシャンプーでスッキリとれる!』

曇っている鏡は拭いたりしなくてもシャンプーの泡でキレイに取れます

【鏡の曇りを簡単に取る方法】
① いつも通り普通にシャンプーします。
② この時に出来た泡を洗い流さずに、鏡の上部にくっつけます。
③ 泡が自然に下に流れて行き、みるみる鏡がキレイになっていきます。

この方法でキレイになった鏡は、しばらくはその状態をキープ!
一般的な広さのお風呂であれば約30分曇らないとのこと。
ボディーソープや石鹸の泡でも同じ効果が得られます

“なぜ、鏡は曇らなくなったのか?”
鏡が曇る原因は、鏡と浴室の温度差から発生する結露にあります。
つまり、小さな水滴がたくさん付いた状態になっているということ
そこに泡を流す事で、泡が水滴同士を結びつけ結露がなくなったというわけ

※ただし、水垢の原因になるのでお風呂を出る時はキレイに水で流しましょう

【鏡についたウロコを取るには】
水垢などで白く曇ったお風呂の鏡 ウロコ状の汚れを落とす方法
水垢掃除に特化した商品もオススメです!
究極の水垢洗剤 『茂木和哉(もてきかずや)』

関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:鏡のくもり お風呂 鏡の曇りをとる方法 掃除 鏡のウロコ汚れ

0 Comments

Post a comment