超ゆっくり走るだけ!スロージョギング・ダイエット

「世界一受けたい授業」で紹介されたダイエット法です。

『食事制限せず超ゆっくり走るだけ!スロージョギング』

福岡大学教授 田中宏暁先生がその方法を伝授

歩幅を小さく超ゆっくり走るだけのスロージョギング
20分以上動かないと脂肪が燃焼しないというのはナンセンス
運動するのは、1分ごとでも全然問題ない、トータルのエネルギー消費量が重要
スロージョギングなら、1日最低15分でも効果がある
歩く⇒片足のどちらかが地面についている状態のことをいう
走る⇒両足が一瞬宙に浮く状態をいう
どんなにゆっくりでも、カロリーの消費量は走る方が多くなる

距離が同じならば、スロージョギングでエネルギー消費量は倍に!
普段歩いてるところをスロージョギングに変えるだけでかなりの効果が期待できる

また、スロージョギングを始めた事で膝の痛みが改善されたという人や
高齢者の前頭葉の機能・認知機能にも効果がある事が証明された


【スロージョギングの正しいやり方】
・背筋を伸ばし肘を軽く曲げる
・足の指の付け根が地面につくようにする
・歩幅は足の大きさの約半分


※準備運動はいらない、スロージョギングが準備運動のようなもの
※お喋りが出来るくらいじゃないとダメ
※先生がオススメする運動時間は約1分、疲れたら休憩する
※その場で足踏みするだけでも効果はある


CD付き 90秒 スロージョギング・ダイエット
関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:ダイエット スロージョギング 世界一受けたい授業

0 Comments

Post a comment