高齢者を狙う悪質な詐欺に騙されないようにする対策法 専門家のやり方

日常使える豆知識・様々なやり方をまとめています

ホーム > 防災・防犯・緊急時の情報 > 高齢者を狙う悪質な詐欺に騙されないようにする対策法

高齢者を狙う悪質な詐欺に騙されないようにする対策法

『高齢者を狙う悪質な詐欺は年々増えている!』

多くのニュース番組や情報番組で悪質な詐欺に対する注意が叫ばれていますが
詐欺の被害者・被害金額は、減るどころか年々増えているそうです。

なぜ、被害が増加しているのか?

これは単純に詐欺を行う詐欺師が増えいるという事と
詐欺の手口が巧妙化していて、騙されてしまう人が増えている事が考えられるそうです。

手口が巧妙になり、全ての人に詐欺に遭う可能性がありますが
一番ターゲットになっているのは、やはり高齢者です。

高齢者がターゲットになりやすい詐欺は以下のようなものがあります。
・母さん助けて詐欺(振り込め詐欺)
・送り付け詐欺
・代引き詐欺
・LOTO6悪徳商法 など・・
色々な詐欺があり、その手口は巧妙、人の弱みにつけ込み悪質極まりないものばかり
ですが、その手口には共通点があります。

『詐欺のスタートは1本の電話から』
最も被害の多い母さん助けて詐欺も1本の電話から詐欺が始まります。
詐欺の手口の大半は電話から!送り付け詐欺は以下のような手口を使います。

【送り付け詐欺の手口】(水トク!最凶サギの手口より)
①突然 注文確認の電話を掛けてくる
「◯◯通販ですが、10日前に注文のあった健康食品を送らせて頂きますがよろしいですか?」
当然、そんな物は注文していない
②あやふやな記憶になりがちな「10日前」という言い方
「10日前に確実に注文なさった記録が残ってますが、覚えてませんか?」
と言葉巧みに注文していると錯覚を起こさせる
③突然の脅迫
どうしても記憶にない事なので断ろうとすると、態度が急変!
こちらが動揺している隙に次々に嘘を並べて脅迫してくる
④警察や弁護士の名前を出す
「こちらには証拠が残っている、警察に言うぞ」と脅してくる
詐欺師は、警察に言うと脅す事で正常な判断能力を奪おうと企んでいる
⑤代引きで荷物を届け、その場で料金を支払わせる
脅しに負け、注文した事を認めてしまうと後日代引きで健康食品が送られくる
恐ろしい電話の商品&代引きという事で料金を払ってしまう
送られてきた箱の中には、一応、健康食品が入っている
送り付け詐欺の8割が健康食品が送られてくる
健康に興味のある高齢者ならば、頼んでいない健康食品でも使う事が出来るし
被害を受けた事が表に出にくいというのを詐欺師は計算している

【詐欺の対策】
『留守番電話に設定して相手を確認してから出る』
家にいる時も常に留守番電話にしておくこと!
留守電設定になっていれば、犯人は声を録音されたくないので喋りません

電話の相手がメッセージを録音している時に受話器を取れば通話は可能
その声で、知り合いと判断出来た時だけ電話に出るようにする!
送り付け詐欺だけでなく、母さん助けて詐欺など大半の詐欺を防ぐ対策になります!

送り付け詐欺と思われる電話に出てしまった時は
・注文した証拠をFAXなどで送ってくれと要求する
・脅迫してきたら無視して電話を切る
などの対応を! 注文した覚えがなければ絶対に認めてはいけません!

関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:詐欺の対策 母さん助けて詐欺 送り付け詐欺 高齢者を狙った詐欺 詐欺
[ 2013/06/13 17:29 ] 防災・防犯・緊急時の情報 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する