『風水メジャー』でサイズを測って運気アップ! 専門家のやり方

日常使える豆知識・様々なやり方をまとめています

ホーム > DIY・工具や道具の情報 > 『風水メジャー』でサイズを測って運気アップ!

『風水メジャー』でサイズを測って運気アップ!

「1分間の深イイ話」の風水SPで紹介

『サイズの吉凶が分かる 風水メジャー』

松居一代さんの自宅を李家幽竹先生が鑑定してる時に使っていたメジャーが
『風水メジャー』

風水魯班尺(ろはんじゃく)(風水メジャー・風水アイテム)【日本語吉凶寸法 使い方解説書付】

風水的に良いサイズ・悪いサイズがあって、それがすぐに分かるメジャー
財・官・義・本病・離・却・害の8種類、そのサイズの吉凶が一目で分かる
【鏡には運気を増幅させる力がある】
松井家にあった姿見の大きな鏡のサイズは縦1780mm×横1330mm(財)
この鏡は、財の力を増幅させるようにこのサイズにしてある

“一般的なサイズで良い鏡は、下の幅が60cmのもの”
鏡の運気は下の幅で決まるとのこと、下の幅60cmの鏡がオススメらしい
60cmは義の力⇒家庭円満

松井家では、その他の家具のサイズも風水で決めたという

ダイニングテーブル⇒縦1000mm×横2150mm(財)
ソファー⇒高さ1050mm(官) 座面高430mm(財) 官は立身・出世
家具⇒幅1470mm(義) 奥行き450mm(財) 高さ2200mm


物のサイズにも吉凶があるというのは初耳!
このメジャーがあったら、家中の色々な物を測ってしまいそうです(笑)

[通販サイト情報]

関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:風水メジャー 風水 鏡のサイズ 深イイ話
[ 2013/06/22 12:14 ] DIY・工具や道具の情報 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する