ブラック企業の見極め方 アナタの会社は大丈夫? 専門家のやり方

日常使える豆知識・様々なやり方をまとめています

ホーム > 日常生活の困った事 > ブラック企業の見極め方 アナタの会社は大丈夫?

ブラック企業の見極め方 アナタの会社は大丈夫?

「行列のできる法律相談所」からの情報

『弁護士軍団が教える ブラック企業の見極め方』

「ブラック企業」とは?
リーマン・ショックの影響で不況になった2008年頃から使われるようになった言葉
劣悪な環境で長時間過剰に働かせる会社の事を指す場合が多い
ブラック企業が一因となり、新卒採用者の3人に1人が3年以内に退社している。

【ブラック企業の実態】
ケース① 賃金の出ないサービス残業を強要、徹夜させるのも当たり前
ケース② 売り上げがノルマに達していないと給料から引かれる
ケース③ 有給があるのに使えない

このようなブラック企業を見極める方法を弁護士軍団が教える!
【弁護士軍団の見極め方】
北村弁護士⇒「会社説明会の対応」で判断する
ブラック企業の情報は、本やネットでの情報が真実とは限らないので
自分で情報を集めて判断しなければいけない。
どうしても情報網がない場合は、「会社説明会での対応」を見る
会社説明会で「残業代はでますか?」「休日出勤はどの位ありますか?」などの
質問が出た時に曖昧な答えしか出来ないのは、1つの危険信号
ただし、会社説明会で直接そのような質問をしてしまうと印象が悪くなってしまう
行きたい会社に学校のOB・OGがいる場合は、その人から本音の情報を引き出す

大渕弁護士⇒「社内が汚い」のは要注意
社内が汚い会社ほど、社員間のコミュニケーションが円滑に行われておらず
業績が良くない傾向があると言われている
社内が汚い⇒女性が少ない、男性中心の職場という可能性も
こういう会社は、女性の産休や育休の制度が不十分な事が多いので要チェック

菊池弁護士⇒「罰則規定」がある会社
入社する時に契約書や就業規則を見ることになる、それをよく読む事!
そこに罰則が書かれいたら要注意(例:不良品を1個出した場合は2000円の減給)
そもそも給与は全額を労働者に払うと法律で定められている
失敗を給与から引くというのは、社員への教育感覚が乏しい会社と言える


本村弁護士⇒「離職率が高い」会社は注意
離職率が高い⇒辞める人が多い これはブラック企業の特徴の1つ
離職率が高い会社を見極める方法は
会社の規模が小さい割に求人の回数・募集人数が多い
どんどん人が辞めている、辞める事を見越して多めに採用している可能性が
全部の会社がそうとは言い切れないが、ブラック企業の可能性がある

ただし、離職率は一概に比較できない 業種により離職率は様々
その業種の離職率よりもはるかに高い離職率の会社であれば非常に危険と言える

関連記事
[スポンサードリンク]


関連タグ:ブラック企業 ブラック企業を見極める方法 行列のできる法律相談所
[ 2013/06/24 10:48 ] 日常生活の困った事 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する