ニットの洗濯 縮んだり伸びたりを防ぐ方法

「あのニュースで得する人損する人」 家事えもんの情報

『ニット類の洗濯で失敗しない洗濯の凄ワザ』




ニットを洗濯したら伸びてしまったor縮んでしまったという失敗ありますよね。

こういう失敗が怖くて気軽に洗濯出来ないという人も多いと思います。
でも、クリーングでニットの洗濯をしてもらうと500円程掛かるので結構な出費に

そこで、家事えもんの失敗しない洗濯術
この方法を使えば、家で簡単にニット類の洗濯が出来ます。
その方法とは・・


“洗う前にサイズを計測しておく!”

ニット類の洗濯で失敗しない為には、最初にサイズを測っておく事が重要。
干す時に今と同じサイズ・形にして干して上げれば失敗なく洗濯出来ます。

これはニットの性質を利用した方法です。
ニットの繊維は洗濯機にかけて伸びたり縮んだりしても濡れた状態のうちに
元のサイズ・形に戻してあげればそのサイズのまま固まるという性質を持っています。


洗濯をする前にサイズをきっちり測ってメモしておきましょう。
ニットの丈、胸囲、袖の長さなどを測っておきます。

それから洗濯、水洗いOKなら洗濯機のドライコースで洗濯。
手洗い表示のあるニットは、たらいで押し洗いをします。

そして、すすぎと脱水が終わったら、洗う前と同じ部分を計測します。

この時に伸びていたら手で押さえて測った長さに詰めてしまえばOKです。
逆に縮んでしまっていたら、測った長さになるまで伸ばして下さい。

ニットが水分を含んでいる状態ならば簡単に詰めたり伸ばしたりが出来ます。

こうしてサイズを元のサイズに戻したニットを平置きで乾かします。
予め、床にバスタオル等を敷いて、そこでサイズを直すという方法でもOK

平置きしたニットに扇風機の風を2時間ほど当てれば洗濯終了。
元のサイズと変わらずキレイに洗濯することが出来ました。

家でニット物を洗濯する時は、ぜひこの方法をお試しください。
関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:洗濯のコツ 得する人損する人 ニットの洗濯 家事えもん

0 Comments

Post a comment