レモンの絞り方 一工夫で2倍絞れる!

「この差って何ですか?」からの情報 フードコーディネーター 浜田陽子さん

『レモンを限界まで搾るプロのテクニック』


レモン汁を作る時、一般的な絞りきを使う場合

レモンを半分に切り、搾り器に押し付けて絞りますよね

この方法、普通にやった場合と、プロ技を使った場合では2倍の差がつきます。

その方法は、レモンを切る前にあります。
レモンを限界まで搾る一工夫、その方法とは・・



“レモンを切る前に30秒転がす!”

レモンを限界まで搾る方法は、レモンを半分に切る前に行います。

1.レモンをまな板の上に横に置きます

2.レモンを手で軽く押しながら、30秒ほど転がします

3.レモンの中が柔らかくなってきたと感じたら準備OK

4.レモンを半分に切って搾ります


なぜ、この方法でレモンが搾りやすくなるのかというと・・



レモンの中には、薄い皮があって、いくつもの小部屋に仕切られています。
この仕切っている皮が、思ったより頑丈で硬いのです。

プロ技を使わずに搾ると、この皮に邪魔されて奥まで搾りきれません。

プロ技で薄皮をほぐし柔らかくすれば、奥の果肉まで搾る事ができるのです。

通常よりも2倍搾れるこのテクニック、ぜひ試してみてください。
関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:料理のコツ この差って何ですか?レモンの絞り方 レモン汁

0 Comments

Post a comment