まだインクがあるのに書けなくなったボールペン復活法

『ボールペンが書けなくなった時の対処法』




メモを取ろうとボールペンで書き出すと・・ 書けない!!
インクが切れたのかな~と思って見ると・・・ インクは残ってる!!

そんなボールペンのトラブルの解決方法です。

ボールペンが書けなくなる原因は大別すると2つです。
・ボールペンの芯に空気が入ってしまった為
・ボールペンの先端にあるボールが回転しなくなった為
『ボールペンの芯に空気が入った時』
① ボールペンの真ん中の周りに輪ゴムを通します。
② ボールペンを回転させてゴムを捻ります。
③ 手を放すとボールペンが勢い良く回転! 芯に入った空気が抜けます。

これは、おもちゃの「回転ヨーヨー」みたいな感じですね。ボールペンに遠心力を与え、その力で空気を抜きます。
※インクが飛び出る可能性があるので注意して下さい油性ボールペンまたはゲルインクのボールペンで使える方法です。

『ボールペンの先にあるボールが動かない時』
ボールペンの芯の先端には、極小のボールが埋め込まれています。このボールが紙の上で回転することで中のインクが送られます。これがボールペンの仕組みで、ボールが回転しないと書けなくなります

方法1.メモ用紙等で試し書きをする
これは多分、誰もがまず試す方法だと思います。インクが出ない状態でも無理矢理書いてるうちにインクが出てきて書けるようになる。止まっていたボールが上手く動いてくれたので復活成功です。

方法2.ペン先に息を吹きかける
ペン先のボールは、温かい方が多少は回りやすくなります。家で書けなくなった時は、熱湯に数秒入れるのも良いと思います。

方法3.ティッシュを二つ折りにして試し書きをする
メモ用紙よりもティッシュのほうが摩擦力が強いので、ボールがより回りやすくなります。力が強いとティッシュが破れてしまうので、ゆっくり動かすのがコツです。

方法4.書けるボールペンと擦り合わせる
緊急時には使えない技です、借りる人が近くにいる学生向けかな、ボールペンの先端を擦り合わせる事で、書けなかったボールペンが復活します。書けるペンのインクが、固まったインクを溶かす手助けに

ボールペンは未使用の新品の物でも書けなくなるので、きちんとキャップをして保存、ペン先を上にしておかない等の工夫が必要ですね。また、落としたりしてペン先が傷ついた場合は、復活は難しいと思います。
日用品の復活方法 書けなくなったボールペン 弱くなった吸盤 切れなくなったハサミ
関連記事
[関連コンテンツ]

1 Comments

-

なるへそ