吸盤復活 吸着力が弱くなった時の対処法

『吸着力が弱くなった吸盤を復活させる方法』


「吸盤が外れて物が落ちてきた!』
キッチンやお風呂場、自家用車の車内などでよく使われている
吸盤の付いた小物入れやフックなどは、突然モノが落ちてきてビックリする事があります。



買った当初は、ピターッとくっついてビクともしなかった吸盤

月日が経つと共に吸着力がだんだん弱くなり、
壁にくっつけていた場合は、当然下に落ちてきます。

こうして弱った吸盤は、もう一度付けようとしてもなかなか付きませんね。
上手くくっついたとしても、またすぐに落ちてしまう。

そんな吸盤の吸着力を復活させる方法です。



弱くなった吸盤を復活させる”方法自体”はとても簡単です。

“お湯に5~6分間浸ける!”

吸盤の吸着力が弱くなった原因は、吸盤の形状が平らになり硬くなったからです。

本来は、お椀型で柔らかい吸盤。
本来の形状に戻すことで、吸着力も復活します。


【吸盤の吸着力を復活させる方法】
1.器具から吸盤だけを取り外す。

2.吸盤が全部浸かる器を用意して、そこに熱湯を入れます。

3.硬くなった吸盤を、そこに入れ、5分ほど待ちます。

4.平らになっていた吸盤がお椀型に戻っていれば成功です。

吸着力が戻ったら、器具に吸盤を戻し壁にくっつけます。


復活させる方法は簡単ですが、吸着力が元に戻るかは別問題!
この方法で、一時的に吸着力は復活しますが、またすぐに弱くってしまいます。

そのような場合は、新しい商品を購入したほうが良いでしょう。
賃貸などで、固定するのはどうしても吸盤じゃないとダメという場合は

より強力な吸盤に変えることをオススメします。

↓はAmazonで高評価の吸盤フック

この商品が良いというわけではありませんが
吸着する時に「一工夫」ある吸盤のほうが強力で長持ちすると思います。
関連記事
[スポンサーリンク]

[関連コンテンツ]

Tag:日常生活の困った 吸盤復活法 くっつかなくなった吸盤 カーナビ吸盤 吸盤 カーナビ

0 Comments

Post a comment